LEVEL3は確かにまたひとつレベルアップしていたよね、ということ。

今さらですが。

2013年のライブはいつものようにTokyoNo.1Soulsetで〆たわけですが、12月のライブ、というとPerfumeのドームコンサート、こちらだったわけで。

思えばPerfume?なんか胡散臭いな、、、と思っていた日から幾星霜・・・・
いつの間にかコンサートでMY COLORのふりを全力でやる、そんな感じがとても気に入っているわけでもある。

しかし、初めてPerdume見たときは「・・・曲よりMCのほうが長い、という噂は本当だったのか―」とかPTAのコーナーに面食らっていたわけだが回を追うごとにそんな定番は定番として、Perfumeの魅力―中田ヤスタカのサウンドと、PerfumeのVoce,パフォーマンス、演出の高次元のリンクを楽しんでいるし、なにより「テクノポップ」と評される彼女らの楽曲はその実もはや「レイブ・ポップ」なのではないか、と勝手に悦に入っている。

なんだそのレイブ・ポップって。

今回のコンサートでいうとしょっぱなのEnter the SphereからSpring of Life...(デリック・メイのStrings of...を髣髴とさせるタイトルだよなあ、聴けば聞くほど)のオープニング、そしてParty Maler~エレクトロワールドまでのレーザービームバッキバキの中盤に感じたのはこの会場の広さ、そしてテクノ・サウンドの上にのったVoiceの感覚がテクノというよりはまるでElectroGlideかWREにでもきて、Underworldなんかとつないだって違和感ないよなあ、と思ってしまったわけで、そのテクノサウンドと、歌謡曲的な、J-POP的なバランスの良さが、Perfumeのコンサートで感じる一番の心地よさ、な気がしているわけなのだ。

もちろん、彼女たちの軽妙な、というには明らかに比重を重く占めているMCやダンス、テクノ色が薄い楽曲やキュートなダンス、サンタコスプレ(おもにのっちの)も大いなる彼女たちの魅力だし、あ~ちゃんがライブのたびに「Perfumeは成長している!」というのもまったく嘘ではないと思うし、そりゃデトロイト・テクノのコンピとかURのライブ盤、テクノのDJMIX聴いているとPerfumeをテクノといっていいのか?というむきにも賛同したくなる。

だけど、それでもこのコンサートで感じたレイブの高揚感、をかわいい女の子たちが体現して、そしてさらに先に進もうとしている、ということ、そのストーリーはまだLevel3、なのだなと思うとちょっとまだまだ楽しみだ。

うん、とりあえずPerfume CLipみよっと。



01.Enter the Sphere
02.Spring of Life
03.Magic of Love
04.1mm
05.Clockwork
06.ポイント
07.ふりかえるといるよ
08.Sleeping Beauty
09.Party Maker
10.Spending all my time
11.コンピューターシティ
12.エレクトロ・ワールド
13.ジェニーはご機嫌ななめ
14.ワンルームディスコ
15.未来のミュージアム
16.だいじょばない
17.ポリリズム
18.チョコレイト・ディスコ
19.MY COLOR
(アンコール)
20.Dream Land

・・・個人的には01~03までの流れと、09~12のレイブ・セクションが上記の理由で最高に盛り上がったわけだが・・・コンピューターシティーかエレクトロワールドの途中で力尽きたかのように低音部が死んだのがものすごく残念だった・・・。それまでは最高にレイブだった。

POPセクションは「ふりかえるといるよ」のふりかえる振りののっちがセクシーすぎたのとだいじょばないの歌詞遊びが好きだ。

MY COLORでの本編終了と、アンコールがDreamLand1曲のみ、というのはおかわりーという気持ちではあったが「See You Next Concert///」つまり、まだまた続く、で終わるというのであればまだ続きを見に行きたい、という気持ちになるからそれはそれでいいきがする。

結局何が言いたいかというと、のっちがかわいいというのと、あ~ちゃんはライブで動くとかわいさ倍増というのとかしゆかもっと近くに来てくれ、ということだ、うん。
[PR]
by nariyukkiy | 2014-02-19 23:19 | music


<< Key Of Life ポパイのシティーボーイって、オ... >>